{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/13

1940's Japanese National Uniform Setup 9

Last 1

18,900 JPY

About shipping cost

■SIZE:表記なし 実寸:[J]着丈:52㎝/身幅:51㎝/肩幅:42㎝/袖丈:52㎝ [P]ウエスト:76㎝/股上:34㎝/股下:56㎝/ワタリ:32㎝/スソ幅:12㎝ ■COLOR:Olive ■CONDITION:Dead stock ■ 国民服のリネンセットアップ 第二次世界大戦中あらゆる事が統制される様になりました。 合理化・簡素化することによる資源の節約であったり、統制することによる戦意高揚などの為でした。 こと衣類に関しては、1940年に国民服令が制定され、統制が推奨される様になっていきました。 もちろん当時は物資が不足していたので、糸も織も均一でなく、スフが入っているので水に弱く、良い生地とは言えませんが、そのお陰で透け感が所々で違って立体的に見えたり、何かの拍子に濡れた所だけ変形して面白い形に経年変化していったり、本来はマイナスなポイントもかわいい個性に思えてしかたありません。 平均点のつまらない現代の物では味わえないアジを楽しんで頂ければと。 こちらのセットアップは婦人標準服とゆういわゆる国民服の女性版で、婦人国民服とも呼ばれていました。 当時、婦人国民服は全く広まらず、その頃の女性はお手製のもんぺが大半でしたので国民服バージョンは珍しいかと思います。 生地はリネンの平織で、風を通すので涼しく、夏にはもってこいの素材です。 [J]大きめな丸襟に脇のシェイプと、女性仕様のデザインが◎ また、陶器製のボタンも嬉しいポイントですね。 [P]いわゆる柄物のもんぺとは違い使い勝手がよさそうです。 また何と言っても、ウォッチポケットがいいですね。 洗いをかけるとかなり縮みますので、ドライクリーニングをオススメします。 ※経年保管による、多少の汚れ・ほつれ等がある場合がございます。 あらかじめご了承願います。